お知らせ

限界突破WiFi | 親孝行のコスパは最高です

プレゼントの画像

もうすぐ、クリスマスの季節になりますね。

毎年、両親に何かしらのプレゼントを贈っているという方々も多いのではないでしょうか?

欲しい物を、相手が伝えてくれるとプレゼント選びに悩まなくとも良いのですが、毎回悩んでしまうという方、今回は『限界突破WiFi』にしてみませんか?

先日、少し早いのですが、両親に『限界突破WiFi』をクリスマスプレゼントとして贈りました。

最初は、あまり喜ばないだろうと思っていたのですが、これが…

予想外に喜んでもらうことが出来ました。

本記事は、まだ、クリスマスプレゼントに何を贈ろうかと迷われている方々の参考になると思います。

両親の携帯電話料金の概要

両親の携帯電話料金は、自分の回線契約を含む3回線の家族割を適用して、毎月3,400円弱です。

もちろん、スマホではなく、ガラケーです。

 通信料金
父親の携帯料金1,374円
母親の携帯料金2,030円
筆者の携帯料金8,684円
合計12,088円

月によって多少に違いはありますが、両親の携帯電話料金は、3,400円弱となります。

この料金でも、安いと感じるかは、人それぞれだと思います。

スマホに機種変更後の通信料金

もともと、父親、母親のそれぞれの携帯電話料金の予算は、4,000円弱くらいを考えていました。

つまり、携帯電話料金の合計は、8,000円程度ということです。

でも、父親はあまりインターネットはしないし、それぞれのスマホでデータ通信する必要はないとわかってきました。

そこで、『限界突破WiFi』をシェアするという使い方で予算を見直してみました。

月々の電話料金

 通信料金
父親の電話料金980円
   データ容量なし
母親の電話料金980円
   データ容量(1GB)300円
限界突破WiFi3,500円
合計(税別)5,760円

初期費用

 端末料金
父親のスマホ料金9,537円
母親のスマホ料金9,537円

初期費用のスマホ料金を除く、毎月の電話料金の合計金額は、5,760円となります。

私としては、かなり安くなったという印象です。

さらに、スマホについては、2年以上利用すると思いますので、コスパは最高だと考えています。

また、スマホに慣れて、新しく、より高性能なスマホが欲しくなった場合にも、新しいスマホにSIMを差し替えれば、すぐに利用できるというのも魅力かなあとも思っています。

購入プラン概要

参考までに、私が購入したプランを記載いたします。

両親へのプレゼントに、スマホをご検討されている方は、ぜひ、ご参考にしてください。

限界突破WiFi

WEB申込の場合は、こちらからご購入できます。

また、当店の店頭販売なら、お手続き時間は20分程度で完了し、『限界突破WiFi』をその場でお渡しできます!

限界突破WiFiのランディングページ画像

スマホ概要

UMIDIGI A3 Pro Updated Edition SIMフリースマートフォン

https://www.amazon.co.jp/dp/B07PFP5818?ref=ppx_pop_mob_ap_share

中国製ですが、とても高性能なスマホです。

アマゾンのカスタマーレビューでも高評価です。

最近はとても話題になっているので、品薄状態が続いているようです。

カスタマーレビュー抜粋

価格と性能に驚きました

現在プレイしているゲームのサブ端末として使用するために購入いたしました。

到着してからブラウジングを1時間、ゲームを1時間ほどしてみましたが期待以上に動いてくれました。3Dゲームじゃなければほとんどのものはプレイ可能かと思われます。
私がこれまでにiPhoneしか使ったことがなく、価格が一万円以下ということもあり、使用する中でストレスを感じるような場面があるかもしれないと思っていましたが、今のところ無く非常に満足しています。

16GBと32GBで悩んでいる人に向けてですが、起動直後(バックアップ引き継ぎ無し)のストレージ使用量は32%でした。ご参考にどうぞ。

最初から付属している保護フィルムが、めくってから使えと書いてあるものと一緒に剥がれやすく感じたので、注意したほうがいいです(ちゃんと剥がせているとノッチの部分にフィルムのふちが確認できます)。

値段を考えると妥協出来るだろう

この激安値段でスマホが手に入るのは非常に魅了的なのは間違い無い。

ゲームは望めないが、SNSやブラウジング程度ならストレス無く利用できる。
カメラも非常に綺麗かつ繊細です。

また、DSDS対応も嬉しいポイントですね

スマホはコモディティになった気がします

タイムセールの8,106円で購入しました。防水なし、おサイフケータイ機能なし、NFCなし、ゲームには足りないが普通に十分なCPU(MT6739)+GPU+32G/ROM+3G/RAM、少々重ためですが表も裏もガラス製で良好な精度と質感の筐体、普通に1日持つ電池、普通に良好でソニー製センサーのカメラでデジカメ代わりに使えます、microSD/SIM1/SIM2同時挿入、SIM1/SIM2ともに4G(LTE)DSDV対応。本体保護ケース及び画面保護フィルム装着済み、余計なプリインストールアプリ無し。メール・ウェブ・ネットショッピング・スケジュール管理・目覚まし・SNS・カメラ・乗換案内・天気・地図・辞書・音楽再生ができればよくて、ゲームは全然しない小生には必要十分な性能及び機能を備えたスマホ端末だと思います。同様の性能と機能と質感でよければ、もはや何万円も出す合理性は無くなったという意味で、スマホという機材はコモディティ化したのだと思います。
 純正カメラアプリはデュアルカメラを自動的に駆使してくれて背景がいい感じにぼけて味のある写真を撮ることができるのですが、位置情報をONにしても写真に位置情報が付きませんから、Googleフォトアプリで推定位置情報を手でコピーして別途ダウンロードしておいたEXIFアプリで位置情報を追加しなければならないという手間がかかります。ちなみに位置情報をOFFにするとGoogleフォトアプリ内で推定位置情報が表示されなくなってしまいます。カメラアプリの位置情報ON/OFFは、カメラアプリ内部ではできず、「設定」→「アプリと通知」→「アプリを全て表示」→「カメラ」→「権限」→「位置情報ON/OFF」で行います。
 QRコードリーダーアプリを何種類か試しましたがどのアプリでやっても同様に認識力が低いです。iPhoneなら瞬時に認識するQRコードでもUMIDIGI A3 Proだとなかなか認識してくれません。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

まだ、両親へのプレゼントが決まっていないという方は、スマホをおススメいたします!

ぜひ、検討してみてください。

さらに、『限界突破WiFi』を活用することで、ご両親のスマホの活用の幅が広がると思います。