お役立ち情報

スマホ代が1万円以上もかかる理由

ネットはあまり使ってないのに請求が1万円

人それぞれではありますが、毎月のスマホ代が、1万円程度という方々は多いです。インターネットへのアクセスを頻繁しているならともかく、あまり使っているつもりがなくても1万円かかっているとしたら、スマホ代を下げられます。まずは、一般的な料金プランについてまず把握をしてみましょう。

請求の内訳

ドコモ、au、ソフトバンクの3社については、基本的な料金にほとんど差がありません。今はカケホーダイのサービスがあるので通話料は定額で利用できます。

  • 基本料:2700円
  • ネット接続基本料:300円
  • パケット定額プラン:5000円
  • 保証:500円

これらの合計金額が8500円、これに消費税が課税されるので、10,000円近くなる計算になります。これに機種代金を足すと、10,000円くらいが一般的な携帯料金の内訳となります。

携帯料金を下げる方法

普段から、あまり使っていないのであれば、契約中のプランを見直すことで月額料金を下げることができます。一般的なプランの料金は、5,000円程度です。

もし、あまりインターネットを使わず、メールやSNSのみといった場合であれば2,980円程度のプランも用意されています。
5,000円のプランでは7GB以上のパケット通信を行うと通信が低速化しますが、2,980円のプランでは1GB以上の通信で低速化します。スマホで動画や音楽などのストリーミングサービスを利用しない人や、家にwifi環境がある人は1GBでも十分すぎるくらいです。

1GBに変えた場合の月額料金は2,000円ちかく下がるので、7,000円、これに消費税と機種代金を足しても8,500円程度まで抑えることができます。

携帯料金を大幅に下げる方法

8,500円でも高い、もっと下げる方法はないのか、実はもっと下げる方法が2つあります。

他社への乗り換え

今がドコモならソフトバンクへ、ソフトバンクならauへといった具合に他社に乗り換えることで、携帯料金は大幅に安くなります。キャンペーンやキャッシュバックなどのタイミングによっては、月額料金が5000円程度になることもあります。

MVNOへの切り替え

ドコモなどの大手ではなく、格安で持てる契約に切り替えることで、月1,000円程度からでスマホが使えます。安くはなりますが、SIMロックなどの知識は必要です。

当店では、ドコモなどの大手キャリアから、MVNOへの切り替え時のサポートも行っていますので、ぜひ、ご活用下さい♪