お役立ち情報

WiFi通信をおススメする理由

WiFi通信がおススメされるけど…

スマホでインターネット通信を行う時に扇形のマークが出ることがあります。この状態の時にはwifi通信を行っています。

WiFi通信を推奨されたご経験がある方も多いと思います、最大の理由は通信量の節約です。

特に自宅にネット回線を引いている人は、スマホの月額料金を大幅に抑えることができるかもしれません。

一般的に、大手キャリアのスマホの標準的プランでは、データ通信料だけで5,000円くらいになります。動画を見たり、音楽を聴いたりすれば5,000円では足りなくなります。

そうならないためにも、自宅ではWiFi回線を使って通信をすれば、毎月のデータ通信量を抑えることができ、結果として、毎月の通信料金も抑えることができます♪

通信量を抑えるメリット

データ通信量を抑えることで、速度制限がかかるのを気にせずにインターネットが楽しめます。

無線ルーターがあれば、スマホで簡単にWiFiに接続し利用することができます。スマホのプランと違い、自宅のネット回線には速度制限がないので、好きなだけネットに繋ぐことができます。

また、外出先でのデータ通信量が少なければ、より格安なプランに移行することができます。ドコモなどの大手通信事業者の契約でも、今は2GBなどの格安のプランが用意されています。

さらに、MVNOを利用すればさらに通信費を下げることができます。
各社、さまざまなプランがありますが、1GBのプランであれば、1,000円程度で利用できるプランもあります。
大手であってもMVNOであっても、家でのWiFi通信の速度に違いはありません。

自宅でWiFiを繋ぐために

自宅のネット回線を利用してWiFiを繋ぐためには、無線ルーターというものが必要となります。これは、ネット回線を契約している通信事業者からレンタルしている場合がほとんどかと思います。でも、レンタル品の無線ルーターは同時接続数が少なかったり、性能が低い場合もあります。そのため、高性能の無線ルーターを家電量販店などで購入し、レンタル品と替えることが可能です。スマホと違い、本体を購入すればルーターを設置しても毎月の維持費は変わりません。

無線ルーターは様々なラインナップがありますが、10,000円以下でも十分な性能のものが販売されています。自宅での利用が主で、毎月パケット料金に5,000円以上かけている人は、WiFi通信で通信料を節約できないか調べてみることをおススメいたします。特にMVNO利用ではスマホの通信費を半額以下に抑えることも可能です。